LPガス自動車は、環境性・燃費の両面において、非常に優れた機能を有しています。

現在日本では、タクシーや流通業界など一部の業者間以外では、ほとんど利用されていません。

またLPガス車の場合、LPガスとOHMASA-GASを一つの容器に混合しても可能ですし、別々の容器の場合はエンジンに入る前に気体混合器を用いて混合すれば供給は可能です。

ガソリンよりも低価格で燃費が良いLPガス自動車に、『新プロパンガス』を加えた燃料で、 より低価格で、より環境負荷の少ない車社会を実現します。