OHMASA-GASが普及することによって実現する未来

行政

「OHMASA-GAS」は、原子力や化石燃料に代わる次世代のエネルギーとして、日本が資源の輸出大国になる可能性を秘めています。
技術や品質を国内の企業が適正に管理することで、世界中で需要が予想されますが、それには国策として法整備や支援が必要になります。

一般家庭

家庭用燃料電池(エネファーム)の普及と共に、「新プロパンガス」を利用した低料金のプランが実現できます。
既存のLPガスの使用を半分に抑え、節電や光熱費負担削減に大きく貢献します。

企業・業界

加工・鍍金による技術応用が期待されています。
LNG発電事業のC02排出権取引対策や、タクシー燃料としてのコスト及び、
環境負荷軽減が期待されています。